ペンギンの 気になるニュース & 日記帳
最近のニュース・流行物に対して思うことを、独断・毒舌で書きまくります。感想や反論はコメントにどんどん書き込んでください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
北朝鮮産アサリ 5業者転々「国産」に…

 北朝鮮産アサリの産地不正表示問題で、農林水産省が九州の2業者に改善を指示したアサリは、輸入後の流通過程で五つの業者を経由する間に、産地表示が中国産から無表示、さらに国産へと変わっていったことが、同省の調査や関係者の話で分かった。
 北朝鮮産アサリについては、昨年1年間で約3万2000トンが輸入されながら、店頭などで「北朝鮮産」がほとんど見られない状況が続いている。同省は、全国で貝類の流通や小売りにかかわっている19の業界団体に対し、輸入アサリの産地の適正表示を要請した。
 農水省は1月からアサリの産地表示調査を全国で実施。福岡県久留米市の小売店で「熊本産砂ヌキアサリ」と表示された産地不明のアサリが見つかったことから、同省が流通ルートをさかのぼって調べた。
 その結果、問題のアサリは、民間輸入業者「福岡県魚市場」(福岡市)が北朝鮮から中国の業者を介して輸入、2月までの約1年2か月間に計約80000トンを仕入れ、うち1000トン余が卸売業者(福岡県)に販売されたことが分かった。
 その際、「海州(ヘジュ)」など北朝鮮の地名が産地として表示されていたが、卸売業者は、鮮度回復や出荷調整を行う蓄養業者(同)に対し、これを「中国産」として引き渡していたことも判明した。



いわゆる、「アサリロンダリング」ですね~
北朝鮮産ときっちり表記した物は見たことがありません。
[北朝鮮産アサリ 5業者転々「国産」に…]の続きを読む
スポンサーサイト
<日航トラブル>集客合戦激しく 現場、余裕を失う

 発着遅れを減らすための合理化が要因になったのではないか。国土交通省に14日提出した報告書の中で、日本航空は「時間制約のプレッシャーがあったとみられる」とトラブルの背景の一つを指摘。会見した新町敏行・CEO(最高経営責任者)兼社長は「時間厳守よりも安全を優先すべきだった」と唇をかんだ。業界内だけでなく、新幹線と激しい集客合戦を繰り広げる航空業界。定刻通りの運航を優先するあまり、安全にほころびが生じていた。
 航空業界には、国土交通省が定時運航とする「定刻から15分以内」で運航した便数の割合を示す「定時出発率」という言葉がある。日航は国内線で「9割以上」との目標を掲げ、特に新幹線と競合する路線では「5分以内」と定めている。
 航空業界は、新幹線「のぞみ」が登場した90年代から、ビジネス客を中心とした乗客争いを展開。国内線の搭乗手続きの締め切り時間を、出発前20分から15分に短縮するなど利便性を向上させてきた。さらに03年10月には東海道新幹線「品川駅」開業に伴い、航空各社は運賃値下げに踏み切っている。
 「旅客へのサービス業務、時間厳守に追われる中で、責務に対する意識が希薄になった」

 国交省などによると、東京―大阪間の旅客利用割合は、93年度が新幹線約85%、航空機約15%だったのに対し、01年度は約70%と約30%と差が縮まった。東京―広島間では、98年度に新幹線が航空機に逆転され、01年度は41%対59%。03年10月の「のぞみ」増発で、新幹線はシェアを数%伸ばすなど、反転攻勢を強めている。



やっと、報告が出ましたね~
確かに… どうしても時間優先になってしまうんですね~

各自己の詳しい見解は↓
[<日航トラブル>集客合戦激しく 現場、余裕を失う]の続きを読む
被害者72歳“寝ずの番” 男捕まえる

 12日午前2時半ごろ、宮城県気仙沼市の無職の男性(72)が所有する農機具倉庫で、男が窓ガラスに石をぶつけて割った。現場で見張っていた男性が男を捕まえ、通報で駆けつけた警察官に引き渡し、器物損壊容疑で現行犯逮捕した。この倉庫では5、7の両日にも窓ガラスが割られる被害があり、男性は近くに止めた車の中から“寝ずの番”をしていた。
 気仙沼署によると、男は同市岩月宝ケ沢、無職、三浦正都容疑者(26)。男性は三浦容疑者が窓ガラスを割った後に立ち去ろうとしたため、追いかけて羽交い締めにし、用意していた縄で縛り上げたという。
 現場近くでは、数週間前から小中学校の窓ガラスが割られる事件が5件起きており、同署で関連を調べている。



それにしても、すごいですね。見張ってるなんて。
空自救援機が新潟山中で墜落

 14日午後1時50分ごろ、新潟県阿賀町の御神楽岳(みかぐらだけ)山頂付近で、航空自衛隊新潟救援隊所属のMU-2救援捜索機(乗員4人)の機影がレーダーから消えた
 同隊はヘリ2機で捜索に向かい、午後3時15分ごろ、同岳頂上から西北西約1キロの中腹で、墜落し大破している同機を発見した。機長の河津稔1尉(32)ら乗員4人を機内から収容したが、間もなく全員の死亡が確認された。
 亡くなった乗員は、ほかに操縦士の藤田裕史1尉(32)、救難員の高山和士1曹(37)、機上無線員の山田厚毅2曹(43)。

 新潟救難隊などによると、同機は午後1時3分、遭難者を捜索する訓練のため、現場から約55キロ北にある新潟空港(新潟市)を離陸していた。約1時間半で新潟空港に戻る予定で、同隊と15分おきに無線で連絡を取っていたが、午後1時40分ごろ、新潟空港の管制塔と交信したのが最後に交信が途絶えた。最後まで機体の異常を告げる連絡はなかったという。

 墜落現場は新潟、福島両県境の山中で、斜面は積雪に覆われている。事故当時、現場の天候や視界は良好だったという



ということで。何で落ちたんでしょうか?
ニュースで見た感じだと斜面にほぼ直角に突っ込んだようでしたが…
今度、飛行機に詳しい人に聞いておきます。
大音量24時間2年以上 隣家の女逮捕

 CDラジカセを大音量で鳴らし続け、隣家の女性(64)不眠にさせたとして、奈良県警西和署は11日、傷害容疑で同県平群町若葉台、主婦河原美代子容疑者(58)を逮捕した。
調べでは、河原容疑者は2002年11月から今年3月までほぼ毎日24時間、自宅勝手口のドアに穴を開け、道をはさんで約6メートル離れた隣家にアップテンポの音楽を大音量で流し、女性に不眠や頭痛、めまいを起こさせた疑い。調べに対し、動機の供述を拒否しているという。
西和署によると、河原容疑者は約9年前からこうした嫌がらせを始め、近隣住民との間にトラブルがあったという。女性が約1カ月の治療が必要と診断を受けたため、傷害容疑で捜査していた。



困った人ですね~
本人は頭痛とかにはならなかったんでしょうかね~
羽田空港に84歳の不審者 「道に迷った」

 8日午後6時20分ごろ、東京都大田区の羽田空港で、自転車の男性(84)がゲートの警備をすり抜けて、立ち入りが禁止されている制限区域に入り込んだ。男性は約4分後、約400メートル奥にあるエンジンテスト場で保護され、警視庁東京空港署が事情を聴いている。羽田空港は同6時半から10分間、C滑走路を閉鎖。出発便4便に最大30分の遅れが出た。
 国土交通省航空局などによると、男性は世田谷区在住で「多摩川の土手を走っているうちに迷ってしまった」と話しているという。
 男性が通過したのは空港の南端のゲート。高さ約3メートルのさくに覆われ、車両が通るたびに、警備員が鉄製の扉を開け閉めする。当時は警備員2人がいたが、整備車両の通過手続きをしているすきに、ゲート内に迷い込んだらしい。
 国交省航空保安対策室は「今のところ警備に問題があったとの報告はないが、態勢を再確認したい」としている。



こまった人ですね。多摩の土手を走ってて、羽田まで入ってくるとは…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。