ペンギンの 気になるニュース & 日記帳
最近のニュース・流行物に対して思うことを、独断・毒舌で書きまくります。感想や反論はコメントにどんどん書き込んでください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
名張毒ぶどう酒事件 再審決定

 44年前(1961年)に三重県で起きた「名張毒ぶどう酒事件」で、名古屋高等裁判所は、奥西勝死刑囚の再審開始を決定した。この事件は1961年3月、奈良との県境に近い名張市の公民館で、農薬入りのぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡したもの。 
 1972年、殺人などの罪に問われた奥西勝死刑囚(79)の死刑が確定したが、弁護団は奥西死刑囚には犯行の機会がなかったなどとして、これまでに7回の再審請求を繰り返してきた。 
 名古屋高裁は5日、「新証拠の毒物鑑定書などから、ぶどう酒に混入された薬品と、奥西死刑囚が所持していた農薬は別のものだった疑いがあり、捜査段階の自白についても不自然な点が多い」などと指摘し、裁判のやり直しを決めた。


ということで。ペンギンはまだ産まれてないので、全然分かりませーん。ちなみに
 死刑囚の再審決定は、1986年の「島田事件」の決定以来5件目

だそうです。
スポンサーサイト
中学教科書検定、脱ゆとり鮮明

 文部科学省は5日、来春から使用される中学校教科書の検定結果を公表した。学習指導要領の範囲を超える「発展的内容」が中学で初登場し、学力低下を受け練習問題も増加。ページ数は現行に比べ数学と理科がともに23%増えるなど、ゆとり路線のスリム化から一転し、教科書の厚さは16年前の水準に戻ったことになる。
 日韓が領有権を主張する竹島について「韓国が不法占拠」との記述もあり、外交懸案として、教育委員会などの採択状況も焦点となりそうだ。



またまた。いちいち、竹島についてもここまで書く必要もないのではないのでしょうか? 政治的に結果が出るまで待てば…
G視聴率も惨敗 日テレ開幕戦過去最低

 日本テレビ系で1日に放送されたセ・リーグ開幕戦「巨人―広島」の視聴率が記録を取り始めた1963年以降、ナイターの開幕戦では過去最低であることが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。
 同社によると、関東地区の平均視聴率が午後6時台12.0%、午後7時台以降13.5%。昨年の阪神との開幕戦で記録した午後7時以降の17.9%を大きく下回った。
 巨人・清武球団代表が「昨年は阪神戦だったから」と語るように対戦カードの影響が大きいのは確かだが、それを割り引いても厳しい数字であるのは明白だ。
 昨年の巨人戦のナイター年間平均視聴率は12.2%と過去最低を記録した。今年はさらに下回る可能性が出てきたが、清武球団代表は「心配していない」ときっぱり。「(2連敗後の)3日の(九回最後の)清原の打席では26.8%まで行っている。ドキドキハラハラの試合ならば視聴率は上がる」と強気だ。



最近、巨人も『満員御礼』をやめたりしていますね。

ところでペンギンは思うのですが、ドラマとかでも「○○のシーン 視聴率××%」とか言ってますが、どうしてそういうことが起きるのでしょうか。メールで「今、●チャンで~~やってんで」っみたいになってるんでしょうか…



ところで、皆さん「視聴率」についてどれだけ知ってますか? →こちら
福建省に偽500円工場?

 福岡、熊本などで大量の偽造500円硬貨が見つかった事件で、使われた偽造硬貨は中国・福建省から船便で横浜に送られていた疑いが強いことが4日、福岡、熊本両県警の合同捜査本部の調べで分かった。一部の専門家は「福建省には貨幣偽造の拠点工場がある」と指摘しており、合同捜査本部は入手ルートの解明を急いでいる。
 調べによると、偽造五百円硬貨は今年一月、鉄パイプに詰めるなどの工作をした上で箱詰めされ、日本に船便で送られてきたことが分かっていた。その後の調べで、輸送記録などからルートは福建省から横浜港だったことが判明した。
 今回の偽造硬貨は本物と同じ銅、ニッケル、亜鉛の合金で、「一見しただけでは本物と区別がつかない」(捜査幹部)というほど精巧。偽造通貨対策の専門家は「硬貨の製造にはプレス機など大がかりな施設が必要。福建省に偽造工場があるという情報がある」と指摘していた。



ということで。やっぱり、中国ですか… ペンギンとしてはフィリピン当たりも怪しいと思ってたんですけれどね…


3倍超える貝毒、北海道産のカキ回収

 北海道は4日、厚岸(あっけし)漁協が3日に水揚げしたカキから、規制値の3倍を超える麻痺(まひ)性貝毒が検出されたため、太平洋東部海域産のカキの出荷を停止し、3月30日以降の出荷分を自主回収する旨、道漁業協同組合連合会から報告があったと発表した。
 現段階では、健康被害は報告されていないという。
 道漁連によると、期間中に同漁協から出荷されたカキは約15トンで、本州にも流通しているという。



ということで。ちょっと前にカキを食べたんですが対象外であることを祈ってます。
中学生の臓器提供 学会が容認

 日本小児科学会は、脳死移植における臓器提供の意思表示に関し、中学に入学した12歳以上の子供の自己決定権を条件付きで容認する見解を示した。
 現行の臓器移植法は15歳未満の提供を認めておらず、海外で移植を受けるしかなく、見直しを求める声が出ていた。
 見解は1日から学会ホームページに掲載。現行法が民法の遺言可能年齢に準じて自己決定を15歳以上としている点に関し「15歳未満でも『死』についての正確な理解がある」などとし、少なくとも中学に入学した生徒(12歳以上)が意見表明した場合、意思を尊重しなくてはならないとした。
 また虐待を受けた子供が提供者になるのを防ぐため、専門医を交えた第3者のチェック機関が不可欠だとした。



ということで。今までは海外で手術を受けなければいけなかったために、多額の費用がかかり あきらめる人も多かったそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。