ペンギンの 気になるニュース & 日記帳
最近のニュース・流行物に対して思うことを、独断・毒舌で書きまくります。感想や反論はコメントにどんどん書き込んでください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中学生の臓器提供 学会が容認

 日本小児科学会は、脳死移植における臓器提供の意思表示に関し、中学に入学した12歳以上の子供の自己決定権を条件付きで容認する見解を示した。
 現行の臓器移植法は15歳未満の提供を認めておらず、海外で移植を受けるしかなく、見直しを求める声が出ていた。
 見解は1日から学会ホームページに掲載。現行法が民法の遺言可能年齢に準じて自己決定を15歳以上としている点に関し「15歳未満でも『死』についての正確な理解がある」などとし、少なくとも中学に入学した生徒(12歳以上)が意見表明した場合、意思を尊重しなくてはならないとした。
 また虐待を受けた子供が提供者になるのを防ぐため、専門医を交えた第3者のチェック機関が不可欠だとした。



ということで。今までは海外で手術を受けなければいけなかったために、多額の費用がかかり あきらめる人も多かったそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pengin.blog4.fc2.com/tb.php/70-66ab174e
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。