ペンギンの 気になるニュース & 日記帳
最近のニュース・流行物に対して思うことを、独断・毒舌で書きまくります。感想や反論はコメントにどんどん書き込んでください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Microsoft Office と OpenOffice.org どちらを選ぶべき?

企業が使うオフィス製品は、現在マイクロソフトのMicrosoft Office(以下、MS Office)が最大のシェアを確保している。しかしMS Officeは、もっとも高額なパッケージだと5万円を超え、他の製品に比べて高い、使わない機能が多すぎる、などといった問題点を挙げるユーザーも存在している。そんな中、最近は、オープンソースで開発される「OpenOffice.org」が登場、企業ユーザーにおいても、MS OfficeとOpenOffice.org、どちらを使うべきか迷っている場合もあるだろう。
マイクロソフトは、OSのLinuxやWebブラウザのFirefox、そしてオフィススイートのOpenOffice.orgなどといったオープンソースソフトウェアの台頭で、それらに対抗することを余儀なくされており、オープンソースソフトウェアに比べて、同社製品にどういったメリットがあるかを繰り返し訴えている。

MS Officeは高いか--。そんな問いに対して同社は、ライセンス価格は必要なコストの一部だと主張する。コストには、(1)移行にかかるコスト(2)サポートコスト(3)トレーニングコスト(4)管理・障害時の対処・メンテナンスにかかるコスト--の4点がある、と同社。さらにリスクも考慮に入れる必要があり、互換性・再現性の問題、企業内ユーザーの再教育、企業内サポートの負荷増大--といったリスクが考えられるという。

具体的には、今までMS Officeを使ってきた企業で、ライセンス価格が無料のOpenOffice.orgに移行しようとした場合、ライセンス価格自体は無料であっても、「メニューが1つ変わっただけでユーザーは迷う」(同社)ため、ソフトを新しくすると、使い方などを教育し直さなければならず、結局そのためのコストが増大する、というのが同社の主張だ。

何らかの障害が起きたときに、それに対処するためのコストについても、同社は十数年来Office製品を提供し続けてきた実績と、Web上の30万件以上の技術情報や高い顧客満足度を得ているサポートなど、「必要なサポートをいつでも提供」(同)している点を強調する。

互換性・再現性の問題について、今回同社は、MS Officeで作られたファイルをOpenOffice.org 2.0のベータ版で開き、さらにMS Office形式で保存した場合の見え方の違いをデモ。デモでは、一部の表現に問題が生じており、それ自体は大きな問題ではないものの、特に日本ユーザーは「(見え方が)90%同じでもダメで、100%同じでないと納得しない」(同社)ことから、移行の際にはそれを手で修正する必要などがあり、やはりコストがかかる、とする。なお、ファイルの互換性について同社では、たとえばWordではWord文書をXML形式で保存するためのWordMLの仕様を公開しており、それを使えば同じ見た目で表現できる、としている。

そのほか、Office Updateによる簡単な更新プログラムの提供、Windows XP SP2などに代表されるセキュリティの強化、クラッシュ時のエラー報告や自動回復機能、年間5,000億円にも上る研究開発費の投入などがMS Officeの優位点として挙げられた。ちなみに同社によれば、クラッシュ時のエラー報告を集計した結果、1つのアプリケーションにおけるクラッシュを分類すると、報告されたクラッシュの上位1%が、全クラッシュの半数を占めているそうだ。これはだいたいどのアプリケーションでも共通で、同社はこのデータを、アプリケーションを開発するパートナーに提供している。



ペンギンも一時は、OpenOfficeを使っていました。けれども、やっぱり、MS Office と互換性が低い箇所も見つけました。けれども、PDFで出力できることもあって、よく使っていました。

これは、財布と機能比べしかないですね~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pengin.blog4.fc2.com/tb.php/89-597b547d
この記事へのトラックバック
オフィススイート「ほぼ駆逐している」という表現は、どの地域でどのように当てはまるのか・・・関西圏でもあてはまるのか当てはまらないのかは、どうでしょうかね。 05:39 2003年6月8日 (UTC):私の印象では地域性はあまり影響がないように思えます.むしろ,官公署や学校等
2007/10/14(日) 21:43:04 | ソフトウェア辞典

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。