ペンギンの 気になるニュース & 日記帳
最近のニュース・流行物に対して思うことを、独断・毒舌で書きまくります。感想や反論はコメントにどんどん書き込んでください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
北朝鮮の鳥インフルはH7型

平壌発のタス通信によると、国連食糧農業機関(FAO)のワグナー調査官は5日、北朝鮮で発生した鳥インフルエンザはアジアではこれまで発見されていないH7型であることを発表した。
 H7型は人への感染力が強く、致死率も高いという。これまではH5N1型とみられていたが、同調査官は「感染防止へ新たな対応が必要だ」と述べた。
 人への感染が出ているかどうかは不明。北朝鮮は3月末に平壌での鳥インフルエンザ発生を認め、養鶏場の鶏を大量に処分した。 



怖いですね。そもそも、インフルエンザウィルスは15種類あるそうです。そのうち人間感染するのは3種類で、ほとんどの型は【鳥→人間】しか感染しなくて【鳥→人間→人間→人間…】と言うようにはならないそうです。(説明が下手でごめんなさい)
韓国 日本の常任理入りに反対表明

 韓国の金三勲(キムサムフン)国連大使は31日、韓国政府として日本の国連安保理の常任理事国入りに反対する姿勢を初めて明確にした。
 韓国の聯合ニュースが1日、金大使がニューヨーク駐在の特派員を集めて語ったと伝えた。大使は「周辺国の信頼を受けられず、歴史も反省できない国が国際社会の指導的役割を果たすことには限界がある」と指摘。「常任理事国に進出する資格はなく、そうならないよう努力する」とも述べたという。
 韓国政府は、常任理事国拡大ではなく非常任理事国を増やす案を推進。日本の常任理事国入りについては「隣国の信頼を得ることが重要」と繰り返し、これまで賛否は明確にしていなかった。しかし、李泰植(イテシク)外交通商次官が先月30日、「国連は株式会社ではない。金をたくさん出したから必ず重要な地位に就けるわけではない」と、日本の常任理事国入りを疑問視する発言を行うなど、反対姿勢をにじませていた。



というわけで…
まぁ、『竹島の日』というのも大きなお世話ですけれども。
アメリカはいつ日本を見捨てるかわからないと思うので、数編国との関係も重要だと思います。
マラッカでまた日本船襲撃 現金強奪、乗組員は無事
今、自宅から離れたところにいて2・3日に一回しか更新ができません。ごめんなさい…


 マラッカ海峡で1日未明、三菱商事の子会社ダイヤモンドカメリアが所有するパナマ船籍の貨物船オーシャン・ブリッジ(約26,000トン、21人乗り)が海賊に襲われた。乗組員は全員フィリピン人で、現金を奪われたが、けが人や連れ去られた人はいない。
 国土交通省や海上保安庁などによると、現地時間の1日午前3時ごろ、武装した海賊3人が乗り込んできて銃を突きつけて脅し、約2万3000ドルを奪って逃走した。



またまたです。つい最近「やっと 解決した~」と思っていたら…
現金だけでよかったですね…


金総書記の愛人と娘、日本に在住??

韓国誌「月刊朝鮮」は18日発売の4月号で、北朝鮮の金正日総書記の愛人とその娘が日本に住んでいるとスクープした。
 同誌によると愛人は、50歳代の在日朝鮮人。朝鮮総連所属の芸術団で舞踊家をしていた当時、平壌を訪問し、金総書記に見そめられた。金総書記との間に生まれた娘としばらく北朝鮮で暮らした後、日本に戻った。

 娘は、現在20歳代後半で名前は「美恵子」という。現在は、母親は大阪、娘は東京で暮らしている。娘は昨年と一昨年には平壌を訪問し、2月16日の金総書記の誕生日祝賀行事に出席した。



北朝鮮もよくわかりませんね
あれだけ日本に言っておいて、愛人と娘が日本に住んでいるなんて…面白いですね
イモ菓子食べ児童27人死亡

フィリピン南部のボホール島マビニで9日、油で揚げたキャッサバと呼ばれるイモの揚げ菓子を食べた小学生が学校で腹痛や吐き気を訴え、近くの病院に運ばれたが、29人が死亡した。他にも、約100人が入院した。
 原因は不明だが、町当局者によると、地元警察は、故意に毒物などが投与された可能性は低いとの見方。キャッサバは、適切な処理をせずに食べると有害な青酸を発生する物質を含んでいる。



ということで、キャッサバは青酸を含んでいるんですね!~
スイート と ビター という2つの種類があってビターが毒性があるみたいです。
ツタンカーメン 殺害の証拠なし CTスキャン調査

 ツタンカーメン王のミイラに対するCTスキャン調査が行われたが、殺害されたとの説を裏付ける証拠は見当たらず、死因は、死後3000年を経ても謎に包まれている
 8日に公表された報告にでは、王は大腿部の負傷に伴う感染症で死亡したのではないかとの指摘がある一方、負傷は死後に考古学者が負わせた可能性もあるとして、この説を疑問視する見方もある。
 調査団長は、いずれにせよ調査は打ち切るべきで、今後は王の墓を乱すべきではないとしている。



ということで、ニュースなどでも紹介されていましたが、思ったより結果が出ませんでしたね~
調査の時もトラブルが続発していて、責任者も「呪い」を信じているようです。ペンギンは科学を信用しているので…
 みなさんはどうですかね~
学校では国語科で文法をやっていて先生がよく「文法は昔からある日本語に後から型をはめたので、例外もある」と言っていますが、科学もそうではないでしょうか??

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。