ペンギンの 気になるニュース & 日記帳
最近のニュース・流行物に対して思うことを、独断・毒舌で書きまくります。感想や反論はコメントにどんどん書き込んでください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
フジとニッポン放送を支持 系列局27社が声明文採択

 全国のフジテレビ系列(FNS)のテレビ局27社は18日、ニッポン放送がライブドアの支配下に置かれることは極めて重大な問題があるとして、フジテレビとニッポン放送を全面的に支持する声明文を採択したと発表した。
 採択はフジテレビを除く系列局の全社一致による決定。ライブドアに系列局が一致団結して対決姿勢を示すことで、グループ内の結束を強めるのが狙いとみられる。
 声明文は「ライブドアが法の不備をついた強引な手法で突然大量の株式取得をしたことに対し、強い憤りを覚える」と非難。ライブドアの企業風土に放送事業者の「高い倫理と価値観」が保有されているかは大きな疑問だとした上で「同社の支配下に置かれることは、極めて重大な問題があると深く憂慮する」と訴えている。



と言うことで…
このような状況ではライブドアがフジを乗っ取っても、グループとして、まとまらないでしょうね~
ニッポン放送の異議却下
 ニッポン放送のフジテレビジョンに対する新株予約権発行を巡り、東京地裁は16日、ニッポン放送の異議申し立てを却下、ライブドアの申請を受けて同予約権の発行を差し止めた仮処分命令を認める決定をした。同放送はこれを不服として、東京高裁に保全抗告を申し立てた。
 予約権発行を「フジサンケイグループ経営陣の支配権維持が主目的で、不公正発行に当たる」とした仮処分命令の妥当性が追認された形で、フジ・同放送側は一段と苦しい立場に追い込まれた。
 東京高裁での審理は1週間程度かかるとみられる。高裁決定に不服なら最高裁まで争えるが、最高裁の審理範囲は憲法違反の有無などに限定されているうえ、予約権の発行予定日である24日までに結論が出るかどうかは流動的だ。

ということで、司法の場ではライブドアが、勝利ですね。どう見てもフジはダメですね~



ところで、僕はフジテレビは自己中心的で非常に古い体質の会社だと思います。ライブドアが対策を立てたら、すぐに他の株主のことを無視した対抗策を発表するし、とんでもない会社です。

焦土作戦について考えたのですが、実際にポニー・キャニオンを売却すると、ニッポン放送には多額の料金が入ってきますよね? そうすると、堀江さんには自由に使えるお金が出来ます。これで、フジの株を買うと言うことも出来るのではないでしょうか?
ライブドア、ニッポン放送株を50%超取得

 ライブドアが16日の市場取引でニッポン放送株を追加取得し、議決権ベースで50%を超えたことが明らかになった。保有株が過半に達したことでライブドアは6月末の株主総会を通じて過半数の取締役を送り込み、経営権を掌握する方針。これによりフジサンケイグループの同放送は、ライブドア主導の経営に移行する可能性が高まる。
 過半数を取得したことでライブドアは、6月下旬開催予定のニッポン放送の株主総会で、取締役の選任など普通決議事案を単独で決定できる。今年は取締役19人全員が改選期を迎える。株主総会で過半数の取締役を送り込み、ニッポン放送の経営権を取得した後は、フジテレビジョン株の買い増しに動く公算が大きい。



とうとう、確保しましたね~
これで、ライブドアに勝利が近いのではないのでしょうか?
焦土作戦もありますから、今後に期待!
ニッポン放送株保有比率 村上ファンドは大幅低下

 今年1月5日時点でニッポン放送株の18・57%を保有し筆頭株主だった村上世彰氏を代表とする投資グループ「M&Aコンサルティング」(通称:村上ファンド)の保有比率が、2月末時点で3・44%へと大幅に低下していたことが15日、分かった。
 ニッポン放送株については、ライブドアとフジテレビジョンが激しい取得合戦を展開。株価も高値が続いているため、村上ファンドは15%程度の株式を2月中に売却していた可能性がある。
 ライブドアは議決権ベースで48%程度の株式を保有しているとみられる一方、フジテレビも議決権ベースで約39%を確保している。同ファンドが現時点でも3・44%保有しているとすれば、ライブドアがニッポン放送の経営権を握る50%取得へ大きな鍵を握ることになる



うわさ(?)では、村上ファンドがライブドアに売ったと言う話も出ています。
もとから、村上ファンドはフジを批判していましたからね~
ライブドア、新保弁護士ら代理人2人が辞任

 ニッポン放送株の新株予約権発行を巡る仮処分で、インターネット関連会社・ライブドア側の主任格の代理人だった新保克芳弁護士(49)ら代理人2人が辞任したことが14日、わかった。
 ライブドアによると、2人は当初から、東京地裁の最初の決定が出るまでという条件で契約しており、辞任は予定通りという。同社は「ほかの弁護士を近く補充し、弁護団をさらに増強させる」としている。



変ですね~  もし、契約が切れてもライブドアの今の状況だと、もう一回お願いするのが筋ではないでしょうか?
これは、ライブドアの異変か??
ライブドア 50%に迫る

 ライブドアのニッポン放送株の持ち株比率が議決権ベースで50%に迫ったことを関係者が明らかにした。同社は今後も株を買い進め、週内の過半数確保を目指す。ニッポン放送株をめぐるフジテレビジョンとライブドアによる争奪戦は、ライブドアによるニッポン放送の経営権取得が現実味を帯びてきた。
 関係筋は、ライブドアの持ち株比率について「議決権ベースで48%台に入ったようだ」と言明。3月上旬の約45%から3%前後買い増したとみられる。



着々と、進めてますね~
けど、議決権というのと、フジ側の持っている拒否権はどういう関係なんでしょうかね~
どっちにしろ、うまくいけばよいですね~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。